09.#3Six Suspects by Vikas Swarup 読了!!

この小説は、アカデミー賞を受賞した『Slumdog Millionaire』の作家Vikas Swarupの2作目。

題名通り、6人の容疑者から犯人を探すミステリー仕立てで書かれています。普通、消去法で容疑者が一人ずつ消されて行くことが多いと思うのですが、この話は最後までそんな消去法が使えません。(そんな動機で人は殺さないだろうというのはありますが)6人のキャラクターはお互い全く接点がなく、そして、動機もそれぞれ全く違い、それを順番に説明して行くので、英語で読むのはちょっと大変です。特に登場人物の名前が覚えにくくて。

アメリカを舞台にしたスピード感あるハラハラドキドキの犯人探しと違い、インド社会のいろいろな面が紹介されていておもしろかったです。インドの人々のエネルギーや、日本ではあり得ないようなことの起こるストーリー展開にはびっくりさせられっぱなしでした。終わりに近づくに従い、6人は思わぬことでつながっていたり… そういう意味でよくできた話です。

他の本と併読していたとはいえ、ちょっと時間がかかりすぎましたが、挫折せず最後まで読めてよかった~!結末は読んでのお楽しみですが。非常にすっきりした終わり方でした。

今年は、1ヶ月1冊目標で洋書を読もうと思っていたのですが、現在4冊終了で。遅れているので、夏の間に頑張らなくちゃ。



Six Suspects
Black Swan
Vikas Swarup
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






Q and A
Black Swan
Vikas Swarup

ユーザレビュー:
技巧的な構成と落ち着 ...
映画「スラムドッグ・ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック